インプラントは長所や短所をよく理解して行いましょう

虫歯や事故などが原因で前歯が欠けてしまったり抜けてしまったりすると、顔が間抜けに見えてしまって困ってしまいます。
相手に見られるのが恥ずかしくて口を大きく開けて笑うことさえ躊躇われてしまうでしょう。
以前は歯が欠けたり抜けたりしたときの治療法としてはブリッジをしたり、差し歯にするというのが一般的でした。
しかし、ブリッジや差し歯は自分の歯と比べると強度がイマイチですし、見た目的にもよくないという欠点がありました。
そのような欠点を克服したのがインプラントによる治療です。
この方法では顎の骨に穴を開けて、そこに義歯を固定するのでブリッジや差し歯に比べて強度がとても強くなります。
また、素材自体もチタンやセラミックなど丈夫な物を使用するので、さらに強度が高まります。
インプラントは強度だけでなく審美的にも優れています。
義歯は見た目が自分の歯と全く遜色ないので、間近で見られてもそれが義歯だとはわからないほどです。
これなら恥ずかしがることなく人前で笑うこともできるでしょう。
ただし、インプラントはブリッジや差し歯と違って自由診療となるので保険が利かず費用がかかることや、顎の骨に穴を開けるために外科手術が必要になるなどの不安点もあります。
吉祥寺セントラルクリニックでしたら、色々なプランがあります。
不安を解消するためにも、まずは専門医に相談してみるようにしましょう。